homeworkshop


■ ベントレバーの補修

report:デヴィやん | 2019/01/21

01ダッシュボード左右の外気を入れ込むレバー「ベントレバー」を動かしても、外気が入りっぱなし、あるいは出てこない、といった症状の車体も少なくないと思いますが…


02ダッシュボードを外して仕組みを見ると、レバーとダクトが連動してる部分の「ベントシャフトA」のピンが経年劣化で折れているのが原因のようです。


03プラスチック製のピンの長さは10mm弱で土台の円盤部をいれても15mmくらいです。


04そこで、直径4mm・ 長さ18mmの6角レンチで回せるステンレス製寸切りネジを使って、ピンを再建してみました。


05残っているピン元をヤスリで落として、


063.4mmのドリルで穴を開けて、寸切りネジでネジを切るように少しずつ回していって、一度抜いて接着剤を塗って締め込んで行けば出来上がりです。


07今回使用したネジはちょっと長めですので、12mm〜15mmでもいけると思います。


08これで開閉調節が復活しました。ただ、レバーを動かすとネジ部にレバーが引っかかり動きがややシブいので無いよりはマシかなぁ〜って程度です。


home