homemy life


■ PP110とCITY

03CITY CABRIOLET 後期型 // 1985年式MT車

車両価格:500,000円
購入月日:2001/09/01
購入時走行距離:16,500km

一度はCABRIOLETを手放し、その後購入したS2000も手放し、親類から譲り受けた小型欧州車を普段使っていた私。「もうCABRIOLETには乗らないんだろうな」と、何となく思っていたが、元々一番欲しかった仕様のCABRIOLETが長野県で売りに出ていると聞き、早速kazzeeさん・SHINOVY君とキャンプを兼ねて実車を見に行った。

そして実車を見たその晩、SHINOVY君が作ったカレーライスを食べながら「またCABRIOLETに乗ろう!」と、密かに覚悟を決めました。そして数日後、それまで乗っていた小型欧州車も再度売却し、結局またTURBO II&CABRIOLETに逆戻りした。

引き取ってまず燃料を満タンにした時、トリップメーターがリセット出来ない事が分かったが「まぁいいかー」。以前乗っていた白カブと同じ不具合に、つい嬉しくなった。しかし走行距離が少ない為、各操作系の動きがカチっとしていて気持ちよく、またシフトストロークが短く、必要以上にギアチェンジを繰り返してしまいます。

久しぶりに乗るCABRIOLETは、まさに乗り馴れた懐かしい感触。前所有者が9年間で3,000kmしか走行しなかった車を、嬉しさのあまり、私は1ヶ月で3,000km走ってしまいました。

kazzee談:先日PP110氏と会ったら「先ほど道を走っていたら、女子高生に『何これーかわいいー』と言われました」と、ニコリともせず語るPP110氏。きっとその際も無表情に運転を続けていたに違いない・・・。


02CITY CABRIOLET 後期型 // 1985年式HONDAMATIC車

車両価格:320,000円
購入月日:1995/07月
購入時走行距離:約86,000km
売却時走行距離:約145,000km

CABRIOLETの後期型が欲しいなぁ。と常々思っていた矢先、CR-Xをキャンセルした営業マンから「程度が良い中古がある」と聞き、早速見に行ったところ、意外と外観が綺麗だったので、一度見ただけで買ってしまった(同じ浜松市内ナンバーでもあった)。

最初は「次の車検までの1年間だけ乗れればいい」と考えていたが、結局次の車検時に、もう1台、程度の良いCITYが買える程の金額を投入してしまったので、覚悟を決めて長距離旅行車として使用し、ほぼその際は、このCABRIOLETの車内で寝泊まりもした。

その後、Hondaからコンバーチブル仕様のスポーツカーが発売される事になって、悩んだ挙げ句、これを購入する事にしたが、駐車スペースを2台分しか確保していない為、TURBO IIかCABRIOLETどちらかを売却する事にした。保存用・普段用と、用途を検討したが、結局CABRIOLETを売却する事とした為、普段の足が無くなり、現在私の普段の足はHONDA LEAD(スクーター)である。


01 CITY TURBO II 前期型 // 1984年式

車両価格:(従業員価格で新車購入の為、秘密)
購入月日1984/04/20
購入時走行距離:2km

1981年に販売店で、初めてCITYを見た時は「変な車だ」と思ったが、また「小さくて便利そうだ」とも思った。その翌年、自動車雑誌にて、『CITY TURBO』登場のスクープがあり、TURBOの白を買おうと決めたが、実際に発売された当初は車体色に白はなく、購入を見送ってしまった(その後、ラインナップに白が追加された)。

その後突然「昭和58年11月に、インタークーラー付きターボ・125馬力のCITYが出る」との噂を聞き、楽しみに待っていたところ、実際に発表されたTURBO IIの馬力は110馬力ではあったが、車体色に白が設定されていた事と、ブリスターフェンダーの外観に魅力を感じて、発作的に購入してしまった。

TURBO IIは、私にとって初めての新車であり、そのユニークな操縦性が楽しくて、毎日フルブースト状態で乗っていた(あの頃は、街に沢山のCITYが走っていたもので、交差点で停車すると、四方をCITYに囲まれていた。なんて事もよくあった)。

購入直後は、アブソーバーを無限製に交換したり、バケットシートに交換したりと色々改造しましたが、ある時、富士スピードウェイの走行会で全力疾走した時、想うところがあって(?)、それからはとても大人しい運転を心掛ける様になった。

その後、平成元年4月に、サイバーCR-Xに乗り換えるつもりで契約寸前まで行ったが、やっぱりTURBO IIに乗り続けようと気が変わり、それからは雨天での走行を避けて、大切に乗るよう心掛けるようになった(余談だが、CR-Xをキャンセルした時の営業マンからは、その後別の新車を購入したので、恨まれていないと思う)。


home