homemodify | TURBO II


■ BULLDOG Racer No.08

report:にしな,山田ブル,kazzee

01公開に大変時間を要しましたが、これが現在、残存が確認されている3台目のブルドッグレーサーです。

当初、過去に取材をした No.18号車の保管先より「当時、レースに参戦していた東北地方の自動車店が他にも保管しているかも知れない」との示唆を受けた。直後よりその自動車店と連絡を取ったところ、複数店舗を展開するその店の従業員の方々は口を揃えて「社長が当時熱中していたが、詳しくは知らない。」と教えてくれた。

その後、多忙な社長となかなか連絡が取れずにいたが、ある時、No.18号車の保管先を通じて「当時の車両は現存している。是非遊びに来てくれ」との伝言を受けた。


02その自動車店の支店の廃車置き場の隅に、そのブルドッグレーサーNo.8号車は眠っていた。

長い間の風雪により腐食が進んでいるが、まぎれもなく当時、何度か入賞を果たした松田・中谷両選手が操縦した車両だ。


03この車両は、鈴鹿サーキットにて転倒2回、オーバーヒートを多数経験したにも関わらず、その後も最終戦まで2シーズン戦い抜いたマシンだ。

ボディの各所に補修された跡が残り、当時の過酷な状況を忍ばせる。


04No.18号車同様、元のボディは腐食が進んでいるが、FRP部品を多用しているのが幸いして、そのフォルムは崩れていない。

また同保管場所の店長さんによると、当時は金曜の夜に東北地方を出発して、積載車で三重県鈴鹿市へ向かい、翌土曜の予選・日曜の本戦と戦い、またそのまま同日に東北へ帰還するという超過密スケジュールでの参戦であったそうだ。社長と共にレースのメカニックとして参加した若い社員の方々も、今では各店舗の店長だ。


05同店の店長さんは置き場スペースの関係で、この車両を何度も廃棄しようと試みたそうだが、その都度社長の反対に遭い、今日に至ると話してくれた。しかしそう語る店長さんも、当時の話をとても力を込めて聞かせてくれた。

彼自身、徹夜で往復参戦をしたチームの一人である。


06その後、日を改めて社長と面会した。歳月が過ぎて完成した、忍NINくんのBULLDOG Racer Replicaを見てもらう為だ。

多忙な予定をさいて頂き、有志らに参戦時の楽しい思い出話を聞かせてくれた。既に70歳に近付く社長、未だレースを語る時の目線は鋭い。


07BULLDOG Racer Replicaや仲間達のCITYをにこやかに観覧する社長。

「ウチのブルドッグレーサーも、いつか綺麗にしてやりたいな」。そんな言葉が飛び出したりと、我々の訪問をとても喜んで下さり、ホっと胸をなで下ろした。


home